1. 新製品

    2. ウェアを組み合わせる - 20%オフ

    3. 新プロチーム ジャージ - 登録してお見逃しなく

    4. まもなく発売

    1. 新製品

    2. ジャージ

    3. ビブショーツ、ショーツ、タイツ

    4. ジャケット&ジレ

    5. ベースレイヤー

    6. レッグ & アームウォーマー

    7. シューズ、ソックス&オーバーシューズ

    8. グローブ&ミット

    9. アイウェア & アクセサリー

    10. ハット&キャップ

    1. 新しいコットン コレクション

    2. フーディー & スウェットシャツ

    3. ショーツ&トラウザ

    4. コート&ジャケット

    5. Tシャツ&トップス

    6. バッグ & アクセサリー

    7. すべてのコレクションを見る

    1. 新製品

    2. ジャケット & トップス

    3. ショーツ&トラウザー

    4. アクセサリー

    5. フットウェア

    6. すべてのコレクションを見る

    1. 新製品

    2. ジャージ、ジャケット & トップス

    3. ショーツ&トラウザー

    4. アクセサリー & プロテクション

    5. すべてのコレクションを見る

    1. 新製品

    2. ウェアを組み合わせる - 20%オフ

    3. 新プロチーム ジャージ - 登録してお見逃しなく

    4. まもなく発売

    1. 新製品

    2. ジャージ

    3. ビブショーツ、ショーツ、タイツ

    4. ジャケット&ジレ

    5. ベースレイヤー

    6. レッグ & アームウォーマー

    7. シューズ、ソックス&オーバーシューズ

    8. グローブ&ミット

    9. アイウェア & アクセサリー

    10. ハット&キャップ

    1. すべてのコレクションを見る

    2. ルックブックを見る

    1. ジャケット & トップス

    2. ショーツ&トラウザー

    3. アクセサリー

    4. フットウェア

    5. すべてのコレクションを見る

    1. 新製品

    2. ジャージ、ジャケット & トップス

    3. ショーツ&トラウザー

    4. アクセサリー & プロテクション

    5. すべてのコレクションを見る

    1. 最新のストーリー

    2. 製品ガイド

    3. ラファについて

    4. すべてのチーム & アスリート

    5. ラファ ファウンデーション

    6. 社会&環境に対する影響について

    1. ウィメンズ 100

    2. Festive 500

    3. ラファ プレステージ ライド

    4. ア・デイ・イン・ヘル

    5. RCC エスケープ

    6. イベントの予定を見る

    1. RCCとは

    2. メンバーになる

    3. 特典を見る

    4. アプリのダウンロード

    5. クラブキット

    6. バイクをレンタルする

    1. 東京

    2. シドニー

    3. 香港

    4. ソウル

    5. 台北

    6. メルボルン

    7. すべてのクラブハウスを見る

色と形

南オーストラリア州の大地を祝うラファとハーマンミラーのキャップ

10 January 2018
Rapha and Herman Miller caps toast the terrain of South Australia

とりわけ疲弊しきったサイクリストにとって、風景は単純なパターン・質感・形にしか感じられなくなります。ラファが再びハーマンミラーとコラボレートして仕立てる特別限定版サイクリングキャップのコレクションは、南オーストラリア州の各地域とライドを、ミッドセンチュリーデザインのアイコン、アレキサンダー・ジラード氏のテキスタイルを通して祝うものです。

アデレードの幅広な通りと広場が織りなすグリッドの街並みから、峻烈で荒涼とした奥地の美しさを描き出すフリンダーズ山脈の不毛な平原まで、南オーストラリア州でライドをすると、風景と色彩が行き来するのを体感できます。ラファでは州・そして国全体にとっても重要な5つの南オーストラリア州の地域、アデレード、バロッサ・バレー、ライムストーン・コースト、カンガルー島、フリンダーズ山脈に焦点をあて、ハーマンミラーとジラード氏のテキスタイルによってグラフィカルに表現します。

ハーマンミラーでアーキビスト(保管管理役)を務めるエイミー・アウヒェルマンは、ラファのデザイナーがそれぞれの地域を表現するのに必要な色とコンセプト、ライムストーン・コーストのドライグレイ、フリンダーズ山脈の砂漠に照り返された空の赤味、バロッサ・バレーの起伏に富んだ緑の丘とブドウ畑の整然さ、に合わせて、会社のアーカイブからサンプルを掘り出してきました。「ジラードは多作でした。彼は多様な色彩から300以上のテキストタイルをデザインしたんです。たくさんの選択肢がありました」とアウヒェルマンは語っています。

制約はキャップのサイズにありました。ジラードの仕事はカーテンや内装でディスプレイされることを意図しており、サイクリングキャップよりも大きなスケールで使われることで見栄えのするものです。印象をそのままにするには、グラフィック上の翻訳がなされる必要がありました。一例として、ジラード・スタジオは『カットアウト』パターンの膨大なサンプルをデジタル化し、不規則性と大きなスケールのシルクスクリーンの『ラッキーなアクシデント』が達成されるようにしたのです。

「風景と場所の印象をテキスタイルにまとめる、というアイデアは大好きです。それはジラードの精神を具体化するものだと私は考えています。彼は旅や収集した民族芸術や物品にインスピレーションを得ていました」と語るのは、ハーマンミラーでアートディレクターを務めるエミリー・CM・アンダーソンです。「ジラードの作品でお気に入りをひとつ選ぶなんてできないことです。静謐で繊細な質感のものから、活気に満ちたグラフィックパターンまで、彼のテキスタイルはとても多くの違った感情と特色を具体化するもので、選択肢が多いんです。あらゆる感情を満たしてくれるんです」

このデザイナーの仕事には、熟練の建築家による、注意深さと気まぐれさを見つけることができます。ジラードのパターンには現代的なビジュアルと文化の関連性があります。というのも、彼が描くための着想を得る素材や芸術は、彼がそれを掘り出した時には古い時代のものに属していますが、ナバホ族のラグからアフリカのテキスタイルまで、彼の手によってシンプルで流線型のヴァージョンに落とし込まれたビジュアルデザインは古くなることはありません。「彼は自分よりもずいぶん昔の時代や世代に関するこういったものを探求していて、そして自分のアイデアを付け加えたのです」と教えてくれたのは、アレイシャル・ジラード・マクソンと共にジラード・スタジオを運営するコリ・ジラードです。

この2人はデザイナーの孫にあたり(そして彼ら自身多彩な顔をもつアーティストでもあります)、ジラードの遺産と作品コレクションを管理しています。「これらのデザインを現代の風景に関連付ける、ということに私たちはとてもワクワクしています」とジラード・マクソン。「この仕事に難しいことはあまりありません。というのもアプローチがしやすく、そして人間的な仕事だからです。作品を見渡してみて、生み出される感情は、この2018年において完全に新鮮なものです」

ラファ + ハーマンミラー オーストラリア キャップ

ハーマンミラー ライムストーン コースト キャップ

購入する

ハーマンミラー カンガルーアイランド キャップ

購入する

ハーマンミラー フリンダーズ山脈 キャップ

購入する

ハーマンミラー バロッサ バレー キャップ

購入する