1. 新製品

    2. ウェアを組み合わせる

    3. まもなく発売

    1. ジャージ

    2. ビブショーツ、ショーツ、タイツ

    3. ジャケット&ジレ

    4. フーディー & スウェットシャツ

    5. Tシャツ&トップス

    6. ショーツ&トラウザ

    7. ベースレイヤー

    8. シューズ、ソックス&オーバーシューズ

    9. アイウェア & アクセサリー

    10. アウトレット

    1. レース & トレーニング

    2. ロード & グラベルライド

    3. ライフスタイル

    4. マウンテンバイク

    5. アドベンチャー ライド

    1. 新製品

    2. ウェアを組み合わせる

    3. まもなく発売

    1. ジャージ

    2. ビブショーツ、ショーツ、タイツ

    3. ジャケット&ジレ

    4. フーディ、Tシャツ & トップス

    5. ショーツ&トラウザ

    6. ベースレイヤー

    7. シューズ、ソックス&オーバーシューズ

    8. アイウェア & アクセサリー

    9. アウトレット

    1. レース & トレーニング

    2. ロード & グラベルライド

    3. ライフスタイル

    4. マウンテンバイク

    5. アドベンチャー ライド

    1. メンズ アパレル

    2. ウィメンズ アパレル

    3. アクセサリー

    1. メンズ アパレル

    2. ウィメンズ アパレル

    3. アクセサリー

    1. メンズ アパレル

    2. ウィメンズ アパレル

    1. メンズ アパレル

    2. ウィメンズ アパレル

    3. アクセサリー

    1. メンズ アパレル

    2. ウィメンズ アパレル

    3. アクセサリー

    1. 最新のストーリー

    2. 製品ガイド

    3. ラファについて

    4. すべてのチーム & アスリート

    5. ラファ ファウンデーション

    6. 社会&環境に対する影響について

    1. ウィメンズ 100

    2. Festive 500

    3. ラファ プレステージ ライド

    4. ア・デイ・イン・ヘル

    5. RCC エスケープ

    6. イベントの予定を見る

    1. RCCとは

    2. メンバーになる

    3. 特典を見る

    4. アプリのダウンロード

    5. クラブキット

    6. バイクをレンタルする

    1. 東京

    2. シドニー

    3. 香港

    4. ソウル

    5. 台北

    6. メルボルン

    7. すべてのクラブハウスを見る

A guide to clothing combinations for any spring/autumn ride.

オールシーズンのレイヤリング

春と秋に最適なウェアの着こなしガイド

01 February 2018

ある賢者はかつてこう言ったものです。「悪天候の日、窓から見る天気は、決まって実際よりも悪く見える」。これは言い得て妙です。天気を家に引きこもる理由にしてはいけません。

どんなコンディションでも快適に乗るためのベストな方法は、ウェアを重ね着することです。厚手のコートを1枚着るよりも、薄いウェアを重ね着するほうが、空気を中に閉じ込めてより体が温まります。さらに、吸水性の高いウェアは肌から汗を吸い取ってくれます。正しいウェアを組み合わせを選ぶのは、特に上着の組み合わせを選ぶのは、容易なことではありません。秋の冷たい朝は、玄関先で足をすくませ、春時雨は、外の天気を楽しむ気持ちを台無しにするもの。この夏から冬のやっかいな季節に最適な重ね着の方法をガイドにしてまとめました。是非お役立てください。

トップスの重ね着術

春と秋のライドに最適な着こなし。ベースレイヤーは、どんな季節でも、ライドの成功の鍵を握る大切な基本アイテムです。通気性に優れたメリノやメッシュのベースレイヤーは、軽く濡れたときでも体を温かく保つことができる、気温が変わりやすい寒い日に理想的な1着です。その上に、動きやすさを優先する場合はショート スリーブ ジャージにアームウォーマーを合わせ、気温が下がることがわかっている場合はロング スリーブ ジャージを合わせるのが効果的です。そして1番上に、防水やフリースのような素材のジレまたは、より暖かいジャケットを合わせましょう。組み合わせは無限にありますが、自分にとって快適な組み合わせを選ぶことが、あなたのライドへの正解です。最後に、『5キロ』ルールを覚えておきましょう。家を出るときにすでに暖かいと感じる場合は、着込みすぎだと考えましょう。少し走ると暑くなりすぎてしまうでしょう。

ライド コンディション#1

スプリング クラシック

天候の変わりやすい季節の程よいペースでのライド

天候:気温7°c – 13°c、少し雨が降る可能性がある道

クラシック ジレ II

ライド中の必須アイテムを入れるために、考え抜かれた収納ポケットを装備したスリーブレスのアウターレイヤー。

購入する

クラシック ジャージ II

より軽く、より柔らかいメリノ混紡素材を使用し、生まれ変わったクラシック。

購入する

メリノ ベースレイヤー - ショートスリーブ

上質で柔らかいウールが生み出す最上級の着け心地。

購入する

クラシック アーム ウォーマー

肌寒い朝に最適で、内側の暖かい起毛フリースが特徴です。

購入する

ライド コンディション#2

強度の高いトレーニング

冷たい強風がルート上で予測されるとき

天候:気温7°c – 14°c, 8.9m/秒の突風

ウィメンズ クラシック ウィンド ジャケット

折りたたんでポケットにしまえるほどの軽量さで、小雨程度の雨から体を守ります。

購入する

ウィメンズ ブルベ ロングスリーブ ジャージ

必要なアイテムを全て収納。反射性素材のストライプで高い被視認性を備えたジャージ。

購入する

ウィメンズ メリノ ベースレイヤー - ロングスリーブ

極めて柔らかいメリノメッシュ素材は、ミッドレイヤーなしでも温かく、快適です。

購入する

ライド コンディション#3

木の葉が舞う小道を走り抜けるライド

冷たい強風がルート上で予測されるとき

秋晴れの日にゆったりとしたペース

天候:12°c – 20°c、雲一つない穏やかな天気

プロチーム ライトウェイト ジレ

軽量で必要に応じてポケットから出せるほどのコンパクトさを備え、肌寒い日や天候が変わりやすい日のハイテンポなライドで体幹を保護します。

購入する

コア ジャージ

ライドの必須アイテムが十分に収まる収納ポケット。おやつも入ります。

購入する

メリノ ベースレイヤー - スリーブレス

肌にピッタリと沿う、ジャージ下でも快適な着心地。

購入する

クラシック アーム ウォーマー

ゆったりペースのライドでも腕を暖かく保ちます。

購入する

ライド コンディション#4

国を横断する数日間のバイクツアー

気温が変わりやすい山々を超えていくために、長距離のライドでも軽装で。

天候:気温4°c – 16°c、曇り時々晴れ

ブルベ インサレーティッド ジレ

寒い日の長い下り坂に最適な、汎用性と通気性に優れたインサレ―ション。速乾性も兼ね合わせてた1枚です。

購入する

ブルべ ジャージ - ショートスリーブ

ロングライド中に必要なものを収納できる大容量ポケットを装備。保温性をさらにアップするために厚手のメリノ素材を採用。

購入する

メリノ メッシュ ベースレイヤー - ショートスリーブ

メッシュのメリノ混紡素材は長時間の連続着用でも清潔でいることができ、ライド仲間を不快な気持ちにさせません。

購入する

クラシック アーム ウォーマー

ゆったりペースのライドでも腕を暖かく保ちます。

購入する

ライド コンディション#5

地元で新たな発見をするライド

網の目の道路をくまなく巡る、短距離のシャープなグループライド

天候:気温 10°c - 17°c、雨が降る確率が高い

プロチーム ライトウェイト レイン ジレ

寒い時期や雨降りの季節におけるハイテンポなライドに最適な、携帯性の高いアウターレイヤー。ラファが自社開発した新素材を使用しています。

購入する

プロチーム エアロ ジャージ

最速ライドのためにデザインされた軽量でエアロダイナミックなジャージ。空気を切り裂き、ただスピードを求めて駆け抜けるあなたに。

購入する

メリノ メッシュ ベースレイヤー - ショートスリーブ

強度の高いライドでも、このベースレイヤーは汗を素早く吸い上げ、抜群の保温性を発揮します。

購入する